iPhone HEICの写真をJPGに一括変換


こんにちは、フォトシェルジュの吉田智司です。


「先生、iPhoneで撮った写真がパソコンで見れません!」


iPhone8 以降のカメラで撮影した写真をWindowsパソコンで取り込むと、そのままでは見ることができません。


写真の保存形式が今までのJPEG(拡張子が「jpg」)からHEIF(拡張子が「heic」)が標準形式に変更されたからです。

HEIFフォーマットは、画像の劣化が少なくJPEGの約半分のデータ容量などメリットが大きい反面、新しいフォーマットのため汎用性が低いのがデメリットです。


Macで取り込む場合はJPEGに変換されますが、Windowsパソコンで管理する場合はiPhoneの設定でJPEGで保存することをおススメします。


「設定」>「カメラ」>「フォーマット」>「互換性優先」

これでJPEG形式で保存されるようになります。


それでは既にHEIC形式で撮ってしまった写真はどうしましょうか?

Windowsのフォトで開くと「Microsoft Store でコーデックをダウンロードします。」とリンクがあります。

ここをクリックすると「HEVC ビデオ拡張機能」のアプリが表示されますが、「¥120」と有料のようです。

Googleフォトにアップロードすれば見ることはできますが変換はしてくれないのでダウンロードしてもHEICのままでした。


そんな時にまとめてHEICをJPGに変換するフリーソフトがありました。

iMazing HEICコンバータ | HEICからJPEGへの無料写真変換ツール


「無料ダウンロード」をクリックするとMac版とPC版のダウンロードが表示されます。

Windowsの場合は「PC版ダウンロード」をクリックします。


ダウンロードしたファイルを起動して「Next」>「Next」>(Create a desktop shotcat はチェック)「Next」>「Install」>「Finish」でインストールされて起動します。

デスクトップにアイコンが表示され「iMazing HEIC Converter」の画面が表示されます。


使い方はHEIC形式の写真を選択しドラッグして重ねます。


写真のサムネイルの一覧が表示されます。

保存形式は「JPEG」と「PNG」が選択できます。

「Keep EXIF data」は撮影情報を保存したいときはチェックを入れます。

JPEGの場合「Quality」は「95」前後でいいでしょう。

設定を確認したら「Convert」をクリックします。


変換が始まります。変換時間は100枚で4分ほどかかりました (PCスペックに依存)。


「Conversion Successfull」が表示されたら完了。「OK」をクリックします。


変換されたフォルダを開くと写真が表示されます。


これでHEICで撮った写真もまとめてJPGにできました。

ぜひ、使ってみてくださいね。




フォトシェルジュ 吉田 智司


埼玉県三郷市にてパソコン塾三郷教室を運営しています。「ScanSnap」や「おもいでばこ」の実機を使用した使い方を始め、写真整理全般のアドバイスができます。お気軽にお問い合わせください。


ホームページ https://www.misatokyousitu.com/

連絡先 yoshida@misatokyousitu.com

Copyright © 一般社団法人 写真整理協会 All Rights Reserved.

​フォトシェルジュサービス公式ホームページ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram