01. 特別講演 写真家 善本喜一郎氏

東京DEEPタイムスリップ1984⇔2021
​ー身近な絶景ー

ゲスト講演者として、今話題の写真集

「東京タイムスリップ1984⇔2021」、「東京DEEPタイムスリップ1984⇔2022」の

作者 写真家 善本喜一郎氏をお招きし、講演いただきます。

276953935_387974149469267_8079586961240949151_n.jpg

​一般の方はこちらから

6月11日(土)

13:00~14:00   特別講演
        (横浜会場+オンライン)

14:00~15:00 懐かしの写真スキャン体験
​        (横浜会場のみ)

会場:横浜会場 または オンライン

<横浜会場>

 PCデポ 本社

 神奈川県横浜市西区高島1-2-5

 横濱ゲートタワー19階

 最寄り駅:みなとみらい線 新高島駅

会場参加定員:20名 オンライン参加定員:100名

受講料:無料

会場参加をご希望の場合はこちら▼をご持参ください。

・紙焼き写真5枚

・データを持ち帰れるスマホ、SDカード、USBメモリー



写真整理​アドバイザーの方はこちらから

【講演概要】

1時間のご講演の中で、前半は「東京タイムスリップ1984⇔2021」「東京DEEPタイムスリップ1984⇔2022」のとても貴重な写真をご披露いただき、撮影にまつわるエピソードなどをお話いただきます。

そして後半は、ライフワークとされている「身近な絶景」をテーマに撮影された深大寺や神代植物公園の写真の拝見しながら、エピソードや思いを語っていただきます。

 

「身近な光景を見る側の発想/思考によって見え方捉え方が変化し、生き方にまで影響する」とおっしゃる善本さん。私たちもこの講演を通して、身近なものや風景に対する視点が変わり、写真が変わります。

 

 

【スキャン体験(現地のみ)】

講演後は、現地で参加されたみなさんに、お持ちになった5枚の写真をスキャン体験していただきます。

「紙焼き写真」が「写真データ」になることで、家族や友達に送ったり、いろいろな形にリメイクでき、たくさんのシーンに写真を活用して楽しむことができます。

 

善本さんにもお残りいただき、スタッフがお手伝いしながら、会場のみなさんでスキャンしていただきます。ちょっとした感動体験になられることと思います。

どうぞお楽しみに!

yoshimoto1984-1.jpg
yoshimoto2022-1.jpg
yoshimoto1984aoyama.jpg
yoshimoto2021aoyama.jpg

善本 喜一郎 
よしもと きいちろう

1960年生まれ。森山大道、深瀬昌久に学ぶ。

公益社団法人日本広告写真家協会専務理事、日本写真著作権協会理事。

「身近な絶景」をテーマに新宿・渋谷など東京の街の1980年代と現在を対比した「東京タイムスリップ」シリーズ。自宅から1000m以内の深大寺、神代植物公園をライフワークとして撮り続けている。

279453036_1414896948993893_4929163519040147544_n.jpg
272760832_233448098988687_2911256665734769794_n.jpg